国会論戦 国民の間に理解が進んでいないのでは

結いの党 柿沢政調会長:なぜこんなに歴代の内閣法制局長官が口をそろえてですね、(行使容認について)「こんなことはできません」と言っているのか。

議長:内閣総理大臣

安倍首相:歴代の(法制局)長官のご発言について私は論評するつもりはまったくございません。憲法の規範を変えずに、整合性そして法的安定性をしっかり担保したうえにおいて今回の閣議決定を行ったところ。

次世代の党 桜内政調会長:国民の間になかなか理解が進んでいないという指摘が多々なされております。国会ではですね、しっかりと国民が見守る中でこの集団的自衛権の行使の要件についてもですね議論すべきじゃないかと考えます。

安倍首相:あらゆる自体に切れ目のない対応を可能とする法案について政府として十分な検討をおこない、準備が出来次第、国家に法案を提出し、ご審議をいただくことになるわけであります。

みんなの党 浅尾代表:限定的な集団的自衛権の行使が容認されるということが抑止力の向上に寄与すると。具体的に言うとどういう形で抑止力の向上に寄与するのか。


幡ヶ谷の整体